動画配信サービスの情報まるっとぶっちゃけ&無駄な文章なしでスマートにお届け。
舞台演劇比較

【舞台 PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice】見放題・無料お試しありの動画配信サービスのまとめ

舞台演劇比較

 

本記事では、見放題・無料お試しありのサービスを優先してご紹介しています。

 

※レンタル作品の場合でも、無料お試し申し込みと同時に付与されるポイントで視聴できるサービスを掲載しています。

 

本作品の配信情報は2019年7月3日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各サービス公式サイトをご確認ください<(_ _)>

【舞台 PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice】が視聴できる見放題・無料お試しありの動画配信サービス

【舞台 PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice】

FODプレミアムで視聴する

【舞台 PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice】

内容
公安局刑事課三係に所属する監視官の九泉晴人(くせんはると)は、公安局局長・禾生(かせい)からの命で連続殺人事件を捜査することになる。遺体は18ものパーツに細かく切断、その一つ一つにナンバリングがされていた。

 

そして、繁華街の路地裏、四箇所に派手に飾り付けるという、いずれも同じ手口で犯行が繰り返されていた。「どうしてバラバラにしたのか、どうして四箇所に死体をばらまいたのか、ナンバーをつけた理由は何か。」九泉は同じ三係に所属する監視官・嘉納火炉(かのうひろ)や執行官たちと、捜査を進める。

 

被害者の身元を調べていくうち、「中国語の部屋」と名付けられた、とある装置が事件に関わりがあることに辿り着く。その矢先、街中にバラバラ死体がばら撒かれるという、市民の色相悪化を狙ったサイコハザードが発生。

 

「ヒューマニスト」と名乗る武力闘争組織がテロの犯行声明を上げ、シビュラシステムには重大な欠陥があると批判、さらに大きな事件を予告する。
そして、捜査を進める中、公安局内部に裏切り者の存在が浮かび上がる。事件の鍵を握る「中国語の部屋」とは、ヒューマニストの狙いとは、そして、“裏切り者”は誰なのか――。


キャスト
■CAST:九泉晴人(鈴木拡樹)/嘉納火炉(和田琢磨)/井口匡一郎(中村靖日)/蘭具雪也(多和田任益)/相田康生(小澤雄太)/後藤田希世(町井祥真)/大城奏人(池田純矢)/三島慎吾(高橋光臣)/目白一歩(山崎銀之丞)

■VOICE CAST:常守朱(花澤香菜)/禾生壌宗(榊原良子)/ドミネーター(日髙のり子)

■ENSEMBLE:瀬尾タクヤ/藤代太一/大曽根敬大/松井友作/春山翔/岩崎真/田中慶/町田尚規/尾尻征大/田中亮/松岡拓弥/轟大輝


メモ
■演出:本広克行■脚本:深見真

FODプレミアムで視聴する